シンガポールロングステイは魅力が多いが永住は無理

シンガポールは赤道直下にあり、年間を通じて気温が30℃前後のモンスーン地帯です。雨量は多いのですが、国土が狭いため水源に乏しく、生活用水はマレーシアからの輸入に頼っています。かつて交易船で栄えたシンガポール川沿いは、ウォーターフロントとして再開発され、現在は近代的なカフェやレストラン、商業施設などが立ち並ぶおしゃれな観光スポットとなっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

財団法人ロングステイ財団の「ロングステイ希望国」調査で、2011年に10位にランクインしてから、7位~8位とベスト10に連続ランクインしているのがシンガポールです。シンガポールといえば世界でも有数の観光国でありながら、為替市場の取引高ではイギリス、アメリカに次ぐ第3位で、香港や日本を上回る世界有数の金融センターでもあります。

他のアジア諸国と比較すると、シンガポールの近代化された街並みは驚くほど清潔に保たれ、治安のよさも群を抜いています。医療水準も高く、ロングステイ希望国に挙げられるのも頷けます。また、シンガポールは税負担の少ない国としても知られており、実業家、起業家にとっては一層魅力的な国となっています。

シンガポールの成り立ち

シンガポールはマレーシア・マレー半島の先端に位置する大小63の島からなる島国で、国土の面積は東京23区とほぼ同じ、人口密度世界第2位の国です。名前の由来はサンスクリット語で「ライオンの町」を意味し、古くから多くの船が寄港する交易地として栄えました。しかし、16世紀にマラッカ王国とポルトガルの争いに巻き込まれて町は壊滅、300年もの間、荒廃したままとなっていました。

植民地として経済成長を遂げた

それからおよそ300年、19世紀にはいるとイギリスの東インド会社が船舶航路の要衛としての重要性に目をつけ、当時の支配国であるジョホール国から商館の建設地として借り受けます。東インド会社のトーマス・ラッフルズは、もともとの名前であった「シンガプーラ」を英語風の「シンガポール」に変更し、港湾を中心とした商業地として発展させていきます。当初、200人にも満たなかった人口は瞬く間に1万人を突破、一大植民地として経済成長を遂げていきました。

その後、太平洋戦争中は日本軍による占領を受けますが、戦争が終結すると再びイギリスの植民地となります。しかし、戦争によるイギリスの疲弊に乗じて、マレー半島では植民地支配に反感を持つ住民が蜂起、1957年に半島はマラヤ連邦として独立を果たします。

マレーシア連邦の結成

遅れること6年、シンガポールもボルネオ島の住民らとともに連邦に加わり、1963年にはマレーシア連邦が結成されました。こうして100年に及ぶイギリスの支配から解放されたシンガポールですが、マレー人の多い連邦中央政府と中華系住民の多いシンガポールとの間で政治的衝突が起こり、1965年、マレーシア連邦からの「追放」というかたちでシンガポールは独立することになります。

シンガポールロングステイでの暮らし

シンガポールは赤道直下にあり、年間を通じて気温が30℃前後のモンスーン地帯です。雨量は多いのですが、国土が狭いため水源に乏しく、生活用水はマレーシアからの輸入に頼っています。かつて交易船で栄えたシンガポール川沿いは、ウォーターフロントとして再開発され、現在は近代的なカフェやレストラン、商業施設などが立ち並ぶおしゃれな観光スポットとなっています。
singapore1出典:Weekend In 心は L.A.

シンガポールのランドマークとして有名なマリーナベイサンズホテルやマーライオンを眺めながらシンガポール川をめぐる約40分のクルーズは人気のアクティビティです。
singapore2
singapore3出典:リバークルーズ(River Cruise) | シンガポール旅行観光.com

シンガポールの街は近代的なビル街と、歴史を感じさせるヒンズー教寺院やイギリス統治時代の洋風建築、チャイナタウンなどが融合したエキゾチックな魅力にあふれています。清潔な街はゴミのポイ捨てや路上喫煙が法律で厳格に禁じられており、罰則は日本よりも厳格に徹底されています。また、水はすべてマレーシアからの輸入に頼っているため、水道水は衛生管理が行き届いており、蛇口をひねればそのまま飲料水として飲むことができます。

シンガポールは英語

シンガポールは百年以上の長きにわたりイギリス統治下にあったため、大半の住民は流暢な英語を操りますし、レストランやホテルではチップの習慣が浸透していますので、欧米式のスタイルで滞在を楽しむことができます。ラッフルズホテルのロングバーで、生バンドが演奏するジャズを聴きながらシンガポールスリングを楽しむ…小説の世界を味わえるのもシンガポールならでは。

raffleshotel出典:エクスペディア ラッフルズホテル ロングバー

シンガポールのシンボルと言えば「マーライオン」。そもそも、マーライオンはシンガポール観光局のロゴマークとしてデザインされたキャラクターで、海を意味する「マー」とシンガポールの語源となった「シンガプーラ(ライオンの町)」のライオンを合わせた名前を持ちます。

マーメイドならぬマーライオンの彫像が誕生したのは1972年、シンガポール川の河口に設置されました。当初は口から勢いよく水を吐き出していたのですが、ポンプの故障で水を吐かなくなり、近くにかけられた橋のせいでその姿はさえぎられてしまい、ベルギーの小便小僧、デンマークの人魚姫像と並ぶ「世界三大がっかり」などという不名誉な称号を与えられてしまいました。

初代マーライオン

merlion1出典:Merlion – SgWiki

しかし、現在マーライオンはシンガポール湾を望む「マーライオン公園」に移り、海に向かって元気に水を吐き続けています。実はこちらのマーライオンはメスで、シンガポール本島とモノレールやロープウェイで結ばれているセントーサ島には、水族館や博物館とともに高さ37mのマーライオンタワーがあり、こちらがオスだという説があります。

現在のマーライオン

merlion2出典:ファインド トラベル

セントーサ島には、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールや大規模カジノなどもあり、シンガポール随一の一大レジャースポットです。

マーライオンタワー

merlion-tower出典:シンガポール旅行記 4日目 セントーサ島へ : Carino Diary

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

universal-studio-sg出典:Universal Studios Singapore ユニバーサル・スタジオ・シンガポール | Singapore Restaurant & Cafe

夜間限定サファリパーク「ナイトサファリ」

シンガポールを訪れたら一度は体験したいのが、世界初の夜間限定サファリパーク「ナイトサファリ」です。開園時間は18:00から24:00、およそ120種、2500頭の動物たちが飼育されており、その大半が絶滅に瀕した珍しい種だといいます。園内を徒歩で巡るウォーキングトレイルとトラム(路面電車)によるツアーの2種類の楽しみ方があります。トラムには日本語によるガイド付きの日本語トラムがありますので、英語に自信のない方でも安心して楽しむことができます。

トラムと言っても、実際にはゼブラ柄を模した連結バスのような乗り物で、月明かりに照らされた園内を45分かけて巡ります。すぐ近くを歩く巨大なゾウやサイ、ライオン、ジャッカルなど普通の動物園やサファリでは見ることのできない夜の生態を観察することができます。

night-safari出典:JTB
night-safari2出典:Night Safari

出典:Youtube

人口は560万人

シンガポールは東京23区ほどの面積に560万人の人口がひしめいています。人口密度は7700人/㎢とほぼ東京23区の半分ほどですが、物価は高く、特に賃貸住宅の家賃相場は東京都心部の約1.5倍!物件にもよりますが、だいたい1ベッドルームで20万円は下らない状況です。

いかんせん国土が狭い

ただし、国土が狭いぶん交通は至便で、特に公共路線バスは充実しており、4,000台弱もの車両が運行されていて1日の平均利用者数は360万人を超えています。朝の通勤時間帯は早朝5時半から運行を開始、国内にある住宅の75%以上はバス停から300m以内というから、その充実ぶりがうかがえます。

運賃は距離制ですが、日本円に換算すると約70円から180円で乗車でき、現金のほかEZ-Linkという日本のスイカに似た非接触ICカードが利用できます。運行スケジュールや車両点検、さらには乗車率には行政による基準が設けられており、バス会社は違反すると罰金を支払わなければなりません。ちなみに乗車率は95%以下といいますから、混雑時乗車率200%~250%といわれる日本のバスとは大違いでゆったりと乗ることができます。

交通機関は超格安

都市型高速鉄道のMRTは総延長153km、105駅を数えます。朝7時~9時のラッシュ時には2分から3分間隔、昼間の時間帯でも5~7分間隔で運行され、料金は路線バスと同程度の格安運賃です。バスと同じく運賃の支払いにはEZ-Linkが使用でき、バスとの乗り継ぎには初乗り運賃が加算されないというメリットがあります。MRTの主要駅と郊外の住宅地を結ぶ無人運転のLRTという鉄道もあり、こちらは1両または2両での運行となっています。

シンガポールでは街中を走るタクシーにもサービス品質基準を設けており、100万人あたり約4300台のタクシーが稼働していますが、これは東京の3700台、ロンドンの3300台を上回ります。また、ソフトバンクが300億円を出資したマレーシア発のタクシー配車アプリ「GrabTaxi」やUber等の導入には補助金が支給されるため、シンガポールでは非常にスピーディに、かつ安価にタクシーを利用することができます。

シンガポールロングステイは可能なのか?

そんなシンガポールでロングステイを楽しみたい、という日本人がこの数年増えているようですが、気になるリタイア後のシンガポールでのロングステイは可能なのでしょうか。

現在は永住権を取得、または観光ビザ

マレーシアやフィリピン、タイなどと違い、シンガポールにはリタイアメントビザ、長期滞在ビザはありません。かつては富裕層向けの投資移民用ビザが存在しましたが、2012年に廃止されていますので、現在は永住権を取得するか、観光ビザの期間内で滞在する以外に方法はありません。

永住権を取得する方法

シンガポールで永住権を取得するにはいくつかの方法があります。

1. シンガポール人と結婚する
2. シンガポールで働き、少なくとも5年以上居住する
3. シンガポールの企業に2億円の投資をする

2の場合は永住権が確保できるのではなく申請ができるだけですし、3の場合はさらに滞在義務が課せられます。シンガポールは住民税や相続税がなく、所得税も累進方式で最大20~22%、法人税は17%とタックスヘイブン的な面から資産家の移住者が多いように考えられていますが、実際の日本人永住者は2,400人程度です。(2015年10月1日現在/外務省調べ)

また、シンガポール国内に長期滞在する日本人は約35,000人ですが、60歳以上に限定するとわずか2,000人ほどしかいません。シンガポールには東京都中央区京橋に本店を置く明治屋のスーパー型店舗があり、多くの在シンガポール日本人客が訪れます。京橋の本店には、品の良い老夫婦といったなじみ客がめだちますが、ことシンガポール店においては日本人の多さに比べて高齢者は極めて少ないように感じます。

シンガポールはロングステイヤーの国

日本人長期滞在者が約66,000人おり、このうち60歳以上が11,000人にものぼるタイとは比べ物にならない少なさです。シンガポールはリタイア層からの人気とは裏腹に、かなりロングステイヤーの少ない国のようです。

また、医療面ではマレーシアやタイ、フィリピンと違い、リタイアメントビザ制度のないシンガポールでは、日本に住民票を残したままの移住は不可能なため、医療機関を受診しても国民健康保険の適用が受けられず、全額自己負担となります。病院やクリニックでもほとんど日本語は通じず、少なくとも日常会話、自分の健康状態を話せるくらいの英語力が必須となります。

リタイア後のシンガポールへの移住には、
・死ぬまで住む永住が前提
・日常生活に困らない英語力があること
・日本の1.5倍の居住費、日本よりも高い物価でも暮らせる経済力
・シンガポール企業に2億円以上の投資
・リタイア後1年を経過していないこと
などの高いハードルがあり、一般のロングステイヤーには金銭的にも、覚悟の上でも難しい選択のように思えます。

資産家出なければ永住は無理

実際、シンガポールに移住した著名人をみてみるとすでにかなりの資産を持ち、現役バリバリの実業家が多いことがわかります。それもそのはず、1億円の収入があれば日本では半分以上が税金で持っていかれ、手元に残るのは5千万円弱ですが、シンガポールの課税額は約1,800万円、その差はなんと3,300万円です。大金持ちがこぞってシンガポールに移住したがるのも無理はありません。

また、日本の現行法では親子ともに5年以上海外に住んでいると相続税の課税対象ならず、課税回避のためにシンガポールや香港、オーストラリアなどに海外移住する富裕層が多くいると推定されます。そこで、日本政府では現行法を見直すべく、2017年度の税制改革案に盛り込むと見られています。

実際にシンガポールへと移住した人のひとりに、かつて「ネオヒルズ族」を自称し、アフィリエイト広告で1秒間に1億円を稼ぐ「秒速1億円男」と呼ばれた与沢翼氏や、「もの言う株主」として注目浴び、後にインサイダー取引で逮捕・起訴された「村上ファンド」の村上世彰氏などがあります。

こうした現役の実業家たちはシンガポールの税制を最大限に利用し、シンガポールを足場にしてグローバル市場にビジネスの版図を広げようとしているのあって、決してのんびりと老後の暮らしを楽しもうというわけではありません。

まとめ

シンガポールはいろいろな意味で魅力的な国ですが、退職後の移住先としては不向きで、観光ビザの期間内でロングステイを楽しむ、しかもそこにかけるお金を惜しまない人向けの国だといえるでしょう。老後のロングステイを考えるなら、シンガポールではなく対岸にあるマレーシア・マレー半島のほうをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。